エキゾのオージローちゃん

サロン日誌

いつも当店をご利用頂きありがとうございます。

今回、エキゾチックロングヘアーのオージロー君が始めて来店されました。
オウちゃんは、ブリーダーさんから当店にきた子で、来た当初の記事はこちらです。

その後猫カフェスタッフとして過ごしてくれていましたが、PKD(多発性嚢胞腎)が見つかり、猫カフェに来店されていたオナー様が「看取りのつもりで」と引き取ってくださいました。

その後ずっとお医者さんに連れて行ってくださったり、光線治療に来てくださったりとても可愛がって頂いています。
当店にあのままいたら、ここまでケアはできなかったと思います。
大事にされて、目一杯わがままが言えて、オーちゃんは幸せ者ですね。

おかげでPKDの方も、前回の診察から大きさが変わっていないそうです。
PKDも発症から8年以上元気で過ごしてくれる子も居るようで、オーちゃんもこのまま穏やかに過ごして欲しいですね。

9月のお迎えから、およそ3ヶ月。
とてもきれいな状態です。
新しいオナー様は、毎日ブラッシングを頑張ってくださってるようです。

こういうお鼻の詰まった種類の子は、どうしても目が汚れてしまいます。
ペルシャやエキゾのオナー様は、ご飯を工夫したり、嫌われるのを覚悟で目薬をさしたり。
一番の方法は、小まめに拭いてやり湿らさないことだそうです。

オーちゃんのテヘペロ。
かわいいですね。

シャンプー中はとてもおとなしいオーちゃん。

じっとおとなしく座ってくれます。
両手が使えるので、助かりますね。

お風呂はスッキリするので「大好き!」という感じです。

ベイジング後。(シャンプードライヤーのあと)
スッキリした表情のオーちゃん。
これからカットです。

カットした毛はこちら。

かなり短くなりました。

仕上げはこちら。
トリミング台の上でくつろぐオーちゃん。

オーちゃん、お疲れ様でした。

オナー様、いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました