ノルウェージアンフォレストキャットのメイちゃん。

サロン日誌

いつもご利用頂き、ありがとうございます。

本日から、サロン用のユニフォームが替わりました。
新しいユニフォームは速乾の長袖で、今までは濡れると腕にまとわりついていたのが、新しいのはまとわりつくこともなく濡れるのも気にせず施術出来るので喜んで居るスタッフです。

本日御来店頂いたのは、ノルウェージアンフォレストキャットのメイちゃん、3歳のスペイ(元♀)です。
06160340
14時から15時の間は直射日光がきつく、思う写真が撮れません。

メイちゃんは爪切りを始めたところ左の手足は問題なかったのですが、右側にかかった途端甘噛みが始まりました。
噛む仕草だけのようですが、たまに歯で来るので、カラーを付けさせて頂きました。
06160341
ブラッシングでとれた冬毛。
丁度日が差したのでかなり暗くなりました。
メイちゃんが丁度鳴いてくれので明るさを上げています。

カラーのつなぎ目が前に来てる子は、おとなしい子です。
本当に噛む子は前に手が出せませんので後ろで止めます。
6時の方向の子は安心して施術出来る子、3時か9時の子は要注意、12時の方向の子は一人では無理です。

メイちゃんは、水は恐がりませんでしたが、「噛むそぶりをすると手を離すだろう」と思っているようでしたので、カラーはそのままにさせて頂きました。
06160342
カラーを付けるのは噛めないようにするだけでなく、猫ちゃんの視界を制するのでそれで落ち着く子も居ます。
特に、ドライヤーの風を嫌がる子には効果的です。
仕上げすすぎにはカラーを外して、お顔周りも施術出来ました。

仕上げのコームは猫パンチで拒否されましたが仕上がりはこちら。
06160343
全体的に明るく軽くしました。
メイちゃん、お疲れ様でした。

オナー様、当店をご利用頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました