チンチラペルシャのハナちゃん。送迎

サロン日誌

いつも当店をご利用頂き、ありがとうございます。

本日は店休日でしたが、週末のキャットショーに備えてシャンプーをしました。
送迎付きでご利用頂いたのが、ペルシャ・チンチラのハナちゃん、1歳の女の子です。
前々回の記事はこちら。
前回は暴れて、写真が撮れませんでした。とほほ。

メニューにはまだ細かい設定がございませんが、2㎞前後の距離でしたら、1000円にて送迎させて頂いております。
今回で3回目の施術ですが、ハナちゃんはしっかり覚えてるようです。

お迎えに行くと、オナー様の前では可愛く「ニャーン」過呼吸を起こしそうな雰囲気で、心配されていました。
しかし車の中ではおとなしく、「この分なら大丈夫かな?」と思いました。

当店では、実際に過呼吸が始まり「これ以上は負担になる」と判断した場合、途中でお返しすることもあります。

シャンプー室に入ったハナちゃんは、シャー!プシュー!と怒っていました。
怒るぐらい余裕があれば、一安心です。
毛吹きがよく、よくお手入れされてる子です。
お顔周りや背中など非常に綺麗な状態ですが、問題はお腹です。
オナー様でもブラッシングさせてくれないそうで、大きな毛玉がたくさん出来ていました。
09172258
キャリーを開けたところです。
猫パンチの炸裂!

キャリーから出すと、
09172259
「寄らば引っ掻くぞ!」と、いきなりの臨戦態勢。
賢いハナちゃんは、こうして向き合うとこちらが手を出せないのがわかっています。
こういう場合はタオルで手を見せないようにして肩を持つのですが、タオルの次に手が来るのを知ってか、的確な猫パンチの炸裂!
タオルに手を忍ばせて、肩をキャッチ!カラーを付けるとおとなしくなりました。

さっきまで怒っていたのは何だったんだろ、という感じです。

爪切り、毛玉処理のあとおしり周りと肉球周りカット。
それからシャンプーです。
09172300
ハナちゃんはお鼻を触られるのが大好きなので、先に目の周りを洗いました。
日頃からオナー様に触ってもらってるようで、こちらも非常に助かります。

お風呂は大嫌い!のハナちゃん。
クレンジングは浴槽に入ってもらいましたが、シャンプーは浴槽無しで洗いました。
そうすると少し、落ち着くようです。

今回は、毛玉が出来にくいように「しなやか」に仕上がるコンディショナーをしました。

ドライヤーでは、丁度夏毛の換毛が始まってたようで、とにかく抜ける、抜ける。

仕上げのカットは、毛玉は手早くバリカンで取ったので、それに合わせて、お腹はシザーで短く致しました。
目つきが良くなるように、目の周りも可愛くカット。
今回、夏毛は綺麗に取り切れたと思います。
集毛機、2杯ほどとれました。

仕上がりはこちら。
09172301
耳毛はお手入れさせてくれませんでした。
写真を撮る前にコームで整えるのも、パス。
お腹は短くしましたので、オナー様のお手入れもしやすくなったと思います。

ハナちゃんなりに、一生懸命抵抗を試みてくれたようですが、次回は、どうしてくれるか、楽しみです。
過呼吸を起こすこともなく、無事に、送り届けることが出来ました。

ハナちゃん、お疲れ様でした。
オナー様、ご利用頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました