スコのボノちゃん ブリテッシュのアンヌちゃん

サロン日誌

いつも当店をご利用頂き、ありがとうございます。

今回、スコティッシュフォールド・ロングヘアーのボノちゃんと、ブリティッシュショートヘアーのアンヌちゃんが来店されました。

前回の記事はこちら。

まず、スコティッシュフォールドのボノちゃんから。

全体的に毛玉が広がっています。
でも、脇の下やお腹に大きな引き連れはありませんでした。

そして9ヶ月ぶりの施術ですので、やっぱり延びていました、足の裏。

一番大きな手のひらにあたるところは隠れてませんので、踏ん張りは効いたと思いますが、着地で滑ってしまいますね。

歩きやすいように、肉球を出しました。
この後、指先を丸く整えます。

ワンちゃんの肉球周りカットは指の間も短くして指全体を露出させますが、猫ちゃんの場合はそうするとなめてしまって、皮がめくれても舐め続けます。
ですから、指の間は残してやるのが鉄則です。

全体を短くカットしました。

カットした毛はこちら。
比較のため置いてるコームですが、いつもの一番小さいコームで無く一番大きなコームです。

全体を荒くカットした後、いよいよシャンプーです。

とても大人しいボノちゃんは、こうして浴槽に浸かってくれるとても良い子ちゃんです。
かなり汚れていましたが、9ヶ月ぶりの割には綺麗な方です。
猫ちゃんは綺麗に見えて、結構、手垢や埃・砂などで汚れています。
油汚れもさることながら、シャンプーの必要性がわかると思います。

仕上がりはこちら。

できるだけ、フワフワを残して欲しいとのご希望でしたが、毛玉は手早くカットしそこに長さを揃えました。これが一番、猫ちゃんにとってストレスの掛からない方法だと思います。

尻尾はフワフワを残しました。ペちゃっと折れた耳が可愛いですね。
スコらしく、おちょぼ口のボノちゃんです。

続いて一緒に来てくれた、ブリティッシュショートヘアーのアンヌちゃん。

真っ黒な毛並みが、綺麗ですね。

前回までは2名で施術してましたが、今回はおとなしく保定無し・1名で施術出来ました。
しかし、洗っても洗っても毛が抜けるという、とても毛吹きの良い子です。

シャンプーでとれた毛はこちら。

ロングヘアー並みに取れました。

仕上がりはこちら。

白いところはより白く、黒いところはくっきりとするカラーシャンプーを使いました。
フケが出ておりましたので、保湿効果が高いしっとりコンディショナーで仕上げましたので、しっとりツヤツヤです。

ボノちゃん、アンヌちゃん、お疲れ様でした。
オナー様、いつもありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました