MIXのマルちゃん

サロン日誌

いつも当店をご利用頂き、ありがとうございます。
今回、ペルシャとスコティッシュフォールドMIXのマル君が来店されました。
前回の記事はこちら。

前回の施術からおよそ2週間。
今回は薬浴で来店されました。
マル君、大事にされてますね。

今の時期(梅雨)真菌が多く見られます。
真菌というのは白癬菌・糸状菌のこといい、どこにでも居る菌で、症状も菌種によって様々です。
単なる脱毛に始まって、束になって抜けるもの、カサブタと一緒に抜けるもの、脱毛は無くカサブタだけが出来る物など症状も様々です。
真菌の猫を捕らえて「極悪な環境のため真菌が見られる」、とか表現される方が非常に多いですが、当店では「はしか」みたいな物だと捉えております。
考え方はそれぞれですので否定は致しませんが、ノミの卵と同じく、どこにでも存在しています。
ただ、早い目にケアするかどうかで治療に時間の差が出ます。
そして多頭飼いしてるところでは、他の猫にどんどん移っていって人間にも移っていく場合があります。(ズーノーシス・共通感染症)
最初の発症は、免疫力が落ちてる場合や1歳までの今まで掛かったことが無い子が多いようです。


真菌でお医者様に行くと、獣医師様では培養検査が行われます。人間の場合は顕微鏡での検査になります。近年、ブラックライトをあてるというのもあるようですが効果の程はさだかではありません。
これは真菌の治療薬が肝臓に影響を及ぼすので、なるべく使いたくないというためです。
しかも、小まめにシャンプーをしてる猫は、培養検査では見つかりにくく検査期間の2週間のウチにどんどん広がっていきます。
現在、人間のお医者さんでも流派によって治療方法が違います。
継続して投薬する場合や、パルス療法と呼ばれる期間を空けて投与する場合などさまざまです。
現在人間でもその治療方法が確立されておりませんので、多岐にわたって治療を施す獣医師様の場合は全く試行錯誤の状態です。
ですから、なかなか治らず、真菌が恐れられているのかもしれません。

内側から菌をやっつける(というイメージで)飲み薬、症状を広げないため直接患部に塗り薬、そして体全体を消毒する薬浴シャンプーの併用により3週間ほどで完治すると思います。
そして経験上、一度感染・完治すると、その菌に対して耐性がつくような気がします。
「真菌は死ぬ病気では無い」と仰る方もいらっしゃいますが、消化器・呼吸器・尿路真菌症もあり髄膜などにも影響を及ぼすそうです。
以上、あくまで当店の経験です。

当店では、施術する度に安定型二酸化塩素で消毒をしておりますのでご安心ください。

シャンプー後のマル君

ふんわり真っ白に仕上がりました。

マル君、お疲れ様でした。

オナー様、いつもありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました