メインクーンのアルタイル君

サロン日誌

いつも当店をご利用頂き、ありがとうございます。

8月に入り、毎日暑い日が続きますね。
5月の連休の頃、冬毛が毛玉になった子を多く施術させて頂きました。

そろそろ冬毛も終わりかなと思っておりましたが、まだまだいました。
メインクーンが兄弟で来店されました。

メインクーンは猫の中でも大型種の上に位置する最大の猫ちゃんです。
大きな特徴はなんと言ってもその大きさ。
08050017
とてもワイルドです。
10Kは優に超えてる感じです。
そして、何より一番の特徴は耳の先に伸びた長い
リンクスティップと呼ばれる耳毛です。

ペルシャなどはお顔を小さく見せるためにリンクスティップを抜いたり切ったりするのですが、メインクーンはリンクスティップをより長く見せるように施術いたします。
さて、抜け毛と脂分との戦いの始まりです。

ブラッシングではたくさんの毛が抜けましたが、アルタイル君はすごい脂性で先に脂を取らないことにははさみも入らない状態です。先にシャンプーをしました。
08050026
で、でかいです。。。
猫カフェスタッフのレン君より、5割は大きいですね。
あまりの大きさに当店では料金で大型種の設定がありませんのを悔やまれました。
短毛種 7,500円
長毛種 8,500円です。

メインクーンとは、アメリカ・メイン州原産で、メインのアライグマ(ラクーン)でメインクーンだそうです。
体は大きいですが、性格もおおらかな子が多いです。
あまり走ってるところも見ないですね。
大きな体を支えるのに心臓に負担がかかるそうで、あまり活発でないそうです。
アルタイル君もおとなしい子で助かりましたが、何分脂分が・・・
08050021
2回目のクレンジングシャンプーで、まだこの脂です。
おまけに山のような抜け毛。
08050024
4回目のクレンジングの頃には、逃げようとするのがマシになり、落ち着いてくれるようになりました。
冬毛と脂で根元まで洗えないようでしたので、ロング用のシリコンブラシを使って根元までしっかり洗いました。ここでも抜け毛が絡まります。
この後、カラーリングシャンプーとコンディショナー。

ドライングはおとなしく膝に乗ってくれました。
08050027
ここからがまた、抜け毛との戦い。
08050030
このぐらいの抜け毛が20回以上出てきました。

グルーミング室には専用のゴミ箱があり、1頭ずつその中に溜めてどのくらい抜けたか(とれたか)見るのですが、今回初めてそれが一杯になり、途中で捨てに行ってしまいました。
ですから抜け毛の全体量はわかりませんが、次回はどのくらいか写真に撮りたいですね。

さて、仕上がりはこちら。
08050029
通常の肉球周りとおしり周りをカットしただけです。
メインクーンは綺麗に洗うと、全体がすっきりする猫種ですのであえて不要なカットは施しませんでした。
二回りほど小さくなった気がしますが、これで、冬毛と脂は取り切れたと思います。

アルタイル君、お疲れ様でした。
オナー様、当店を選んで頂き、ありがとうございました。
また、夏毛の抜ける11月頃までの御来店をお待ちしております。><

コメント

タイトルとURLをコピーしました