ノルのテンちゃん

サロン日誌

いつも、当店をご利用頂きありがとうございます。

今回御来店頂いたのは、ノルウェージアンフォレストキャットのテンちゃんです。
前回の記事はこちら。

相変わらず、見事な毛吹きですね。かなり脂が回っていました。

お風呂は手慣れた物で、この余裕。体が大きいので出て行こうとするのを抑えるのが大変でした。

猫は無理に、押さえようとすると、倍の力で返してきます。
それを無理矢理 施術のために何人もの人間で押さえつけたり、くくりつけたりすると、暴れたり過呼吸を起こしたり最悪心臓麻痺を起こしたりするそうです。
猫が暴れ出すと、手足の骨を折っても頭をぶつけても辞めません。
全く回りどころか、自分のことすらわからなくなってしまいます。
ですから、お医者様では鎮静剤や麻酔を使ったりします。

当店でも、その子の癖を考えて、次からも施術出来るようにしています。
そのための「カルテ」を作成していますが、テンちゃんは後ろ足や腰から下を触ると異常に怒ります。
仕上がりはこちら。真っ白フワフワに仕上がりました。

よく明るくなったと思います。

テンちゃんお疲れ様でした。

オナー様、いつもありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました