メインクーンのルビちゃん

サロン日誌

いつも当店をご利用頂き、ありがとうございます。

今回、初めてのご来店は、メインクーンのルビちゃん、3歳の男の子です。
体重が6.6kgですので、大型料金となりました。

猫の中で一番大きな種類のメインクーンは大きい子で体重が10Kgほどにもなるそうです。

ご自宅でシャンプーされたりと大きな毛球もなく、よくお手入れされてるようで、とてもきれいな状態です。
普通の洗い方では脂が取り切れず、脂分で「毛割れ」が起きています。
これが毛玉の初期状態です。
ご飯を食べたりお水を飲んだりと、どうしてもエプロンが汚れるようではさみで切られてるようです。

お尻の毛も、トイレで汚れるようですね。ぱっつん。
バリカンでカットされたそうです。
ワンちゃんのように全体を短くするのであればそれも良いのですが、猫は、ふわふわなところは残しますので、長いところと短いところのつなぎが、丸くなるように仕上げると、可愛いものです。
ですから猫のお尻周りカットは、シザーとセニングで仕上げます。

特にエプロンは、里山状態(段々)
その気持ち、よくわかります。。。
はさみを使うときは、横方向に切るのではなく縦方向につかうのがコツです。

さてとてもおとなしい、ルビ君。
爪切りも、お腹周りカットも嫌がらず、おとなしくしてくれました。

肉球周りカット。
長毛種は、指の周りの毛がどんどん伸びて肉球が埋もれてしまいますと滑りやすくなり、骨折などの原因となります。

はさみでパッツンと切ると、カクカクになり可愛くなりませんので、セニング(スキばさみ)で少しずつ整えます。

すると丸い「猫の手」のできあがり。
スックと立ったとき、丸さが引き立ちます。

さてシャンプー中の、ルビ君。
ちょこんと座ってくれて、可愛いですね!
お顔もしっかり洗わせてくれます。

浴槽で水の中にジャボンと浸けると抜け毛がきれいにすっきり流れていきます。
しかし体が大きいルビ君ですので、2回目のシャンプーからは大きい浴槽を使いました。

賢い子ですので、胸に当ててる手を離すとすっと飛び出します。

お顔まできれいに洗わせてくれました。

さて、続いてドライングです。隙を見て帰ろうとしますが、こちらも良い子ちゃんです。

猫が嫌がるヘソテンも、この通り。

ふわっと広がる毛が綺麗ですね。
お風呂は落ち着かないようですが、ドライヤーはお気に入りのようです。

ヘソテン状態で、寝てしまいました。
たまに目が覚めると、帰ろうとします。

仕上げのカットでも、お家に帰ろうとしましたが途中から帰れないのを悟ってくれたようです。
ここで猫ちゃんは、ガラス越しとかで飼い主さんの顔を見ると大暴れをするので、当店では顔が見えないように個室で施術しています。
仕上がりはこちら。

しっかり脂分は落とせました。
当店で施術して頂き、毎日ブラッシングして頂くと、3ヶ月はきれいな状態が保てると思います。

段々だったエプロンとお尻周りも、丸くかわいらしく整えさせて頂きました。

ルビ君はとても良い子ちゃんでしたので、毛玉の出来やすいところ・汚れやすいところも短くしておきました。

ルビ君、お疲れ様でした。

オナー様、当店を選んで頂き、ありがとうございました。

現在、当店では6周年のお祝いをしております。
皆様の御来店をお待ちしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました