ノルのサキちゃん

サロン日誌

いつも当店をご利用頂き、ありがとうございます。

今回初めてのご来店は、ノルウェージアンフォレストキャットのサキちゃん・11ヶ月の女の子です。

ダイリュートのトビー&ホワイトの毛が、とてもゴージャスですね。
日本では「サビ柄」と呼ばれているトーティシェル(べっ甲)ですが、日本の野猫の場合はよく見かけますので色んな色がごちゃっと混ざった印象が有り、「汚い猫」とか言われることもありますが、ヨーロッパでは非常に珍しい毛色でトーティの愛好者もいるほどです。
サキちゃんはそれに「ダイリュート」(色合いが淡くなる)が入ってるので、ヨーロッパに連れて行けばとっても珍しがられますね。

サキちゃんはとても大人しい子で、爪切りもこうやって大人しくお膝に座ってくれます。

とても良い子ちゃんです。イヤータフトが見事です。
初めての子は、念のためエリザベスカラーを付けて様子を見ながら外していくのですが、その必要はありませんでした。

ブラッシングも嫌がらずに、お膝の上でこなしてくれました。

少しブラッシングしただけで、さらーっとするコシのある毛質です。
綺麗ですね。
肉球周り、お尻周りのカットで切った毛はこちらです。

毛球も無くとても綺麗な状態です。
オナー様(飼い主様)が普段からよくお手入れなさってるようです。

さて、いよいよ浴槽に入ってもらいます。
初めての子は緊張の瞬間です。

ちょこんと手を揃えて、浴槽に入ってくれました。

お顔もおとなしく洗わせてくれました。

こう、大人しい良い子だと担当も両手が使えて施術がはかどります。
そして、より丁寧に施術することができます。

ドライヤー中のサキちゃん。

最初にドライヤーの緩い風をお顔に当てていくのですが、ドライヤーの音と風に怖がる猫さんが多い中、サキちゃんはとても大人しくしてくれました。
可愛いですね!
通常体を乾かすときは、ドライヤーの風を強くして乾かすのですが、モーターの回転があがるとサキちゃんが少し怖がりましたので、そのまま弱風で乾かしました。

仕上がりはこちら。

全体的に明るい仕上がりにしました。使ったコンディショナーは「ふんわりタイプ」です。
次はもう少しボリュームを抑える「しっとりタイプ」で良いかもしれませんね。

サキちゃん、お疲れ様でした。
オナー様、当店を選んで頂き、ありがとうございます。
今後ともよろしくお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました