ロシアンブルーのファビちゃん

サロン日誌

いつも当店をご利用頂き、ありがとうございます。

今回のご利用は、ロシアンブルーのファビ君です。
前回の記事はこちら

ファビ君は、とてもお茶目な甘えたさんです。
オナー様は我が子のように可愛がってらっしゃいますが、それに答えるように甘えたな男の子です。

この子が、とても人間に信頼感を持ってる子で、シャンプーもとてもおとなしく、良い子ちゃんです。

ロシアンブルーは体力がある品種ですので、暴れるのはもちろんのこと逃げようとするのに体を登ったり(賢い!)隙を見て飛び出そうとする子が多いのですが、ファビ君は泣きもせずとてもおとなしく、じっとしてくれます。

おそらく、当店で扱ってるロシアンブルーでは、ファビ君が一番おとなしい子なのではありませんか?

ロシアンブルーは、猫の仲で唯一、毛の中に空洞を持っています。
その中の空気が光で反射して、綺麗な銀色に光ります。
シルバーのティキングと呼んでいますが、うちの子が他のロシより白っぽくみえるのはこのせいです。とくにキャットショーでは、このティッキンが綺麗に出て居ないと得点できません。

シャンプーでとれたファビ君の毛はこちら。

水に濡れると反射しませんので、黒っぽくみえます。

よく、お客様が、この色のことを「グレー(灰色)」といわれますが、猫の世界ではこの色を「ブルー」と呼びます。
グレーの縞柄は「ブルータビー」です。

ファビ君の仕上がりはこちら。

全体的に明るく仕上がりました。
画像ではわかりにくいと思いますが、耳の先・指先などより銀色になったと思います。
当然、全体も綺麗なシルバーティッキングがでました。

ファビ君、お疲れ様でした。
オナー様、いつもありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました