トリマーとグルーマーの違い

一般的にペットを綺麗にしてくれるというと、トリマーさん・トリミング・ペットサロン・ドッグサロン・犬の美容室などが思い浮かぶと思います。

当店は、猫専用の美容室ですので、「キャットサロン」という表現を使っています。
ワンちゃんを洗ってくれないかというお問い合わせもございますが、
犬と猫では大きく違いますのでお断りをしております。

トリミングサロンでは、シャンプーで綺麗にして美しくカットをする。
という風にカット(トリミング)に重心を置いていますのでその技術力の高さで評価されています。

グルーマーは、猫に負担をかけずに美しく洗い上げるために、毛玉処理やカットを施したりします。
とくに猫の扱いが重要です。

犬は臭いと埃、泥汚れを落とします。猫は、油汚れがほとんどです。
ペットショップさんでも、シャンプーが犬用と猫用に分かれてるのも、汚れだけでなく毛質や皮膚の質などが違うためです。
トリマーさんが犬を洗うときにはシンクに入れて、まずシャワーをかけますが、猫でそれをやるとパニックを起こします。グルーマーはほとんどシャワーを使わないですね。
たまにしょっちゅう洗われ慣れて、シャワーの音も辞さない強者猫もおりますが基本はびっくりしますので使わないように心がけています。
また、トリミングサロンのように広い空間だと他の人が立てるちょっとした物音でもパニックを起こします。
以上のような違いから、トリミングサロンでは猫を扱っていないところが多いようです。

猫は賢い(悪く言えば執念深い)ので、いちどいやな思いをするとどんどん学習していきます。
ですから、出来るだけ負担をかけず、次も洗わせてくれるよう丁寧に大事に洗ってやることが重要です。

キャットサロンでの猫シャンプー(レン君)Cat's bath shampoo

なかなか撮影できないシャンプー中の動画が撮影できましたのでこちらで紹介させて頂きます。
猫はシャンプーされることを非常に嫌がります。
上手に優しく、丁寧に洗ってやってほしいとの願い込めて、こちらの動画を載せました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました